HTMLとCSS

3回目 「とりあえずHP作ってみよう」

ホームページを制作する

このブログは果たしてどれだけ「とりあえず」を使っていくのだろうか…。便利なんですよねこの言葉、いつか「とりあえずカウンター」がつくんじゃないだろうか…??。

さて、今回はちょっと本格的な話になります。

前回はWordPressがどうの言っておりましが一旦それは置いときます。まずはホームページを構成するために必要な、HTML要素の配置とWEB内にてどのような役割を果たすのか、いつもどおりサクッと「まぁ、なんとなくわかればいいや」程度に紹介いたします。

ホームページの構成の仕方

世にはWordPressを始めとしたホームページを制作するための便利なツールがたくさんありますが、初心者の人はまずパソコンの中にある「メモ帳」のソフトで自分のPC内にホームページモドキを製作可能です。
実際にWEBで公開する場合は前回言ったようにサーバを取得しなければいけませんが、HTMLの練習ならメモ帳で十分です。メモ帳なら大抵のPCに初期の状態で入っていると思います。

準備はできましたか?ではホームページを構成するために必要なHTML要素はこのような並びになります。

<html>…HPを構成する一番の土台のようなものです。

 

<head>…ヘッダーに当たる部分です。基本的にここに入力した要素はブラウザ上で表示されません。
    

<title>ホームページのタイトルを入力します。</title>

    

 

 

</head>
  

<body>
 
    

 …本文を入れる部分です。

  

</body>

</html>

とこんな感じに結構簡単にできます。
そしてあれこれ入力したら、とりあえず新しいフォルダを作ってデータを保存します。
ここで1つ注意なのが、このままメモ帳を保存するとデータファイル名が「〇〇.txt」となります。ホームページの構成ファイルを保存するときはデータの名前を変更して「〇〇.html」としてください。

今回は短いですがここまでとなります。
御覧いただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)